債務整理費用が安くて無料相談に乗ってくれる弁護士・司法書士一覧

債務整理の費用は整理の仕方によって違う

債務整理をする方法は、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理の4種類となります。
一人悩んでいてもいい方向に進みません。わからないことは相談するのが一番の借金返済の近道です。

 

それぞれ特色を理解して自分がどのように進むかを債務整理の弁護士に相談することをお勧めいたします。

弁護士への報酬額

債務整理の弁護士の報酬額について、ある特定にものについては、基準が示されています。

 

 

クレサラ報酬がそれです。

 

このクレサラとは、クレジット・サラ金事件のことで、その件を扱った際の報酬の基準です。

 

任意整理における減額報酬に関しては、引き直し検査後の残元金をさらに減額して和解へと結びつけた場合に発生し、過払い金報酬に関しては、返還された過払い金の21パーセントに統一することになっています。

 

自己破産は、債権者数と債務額に関係なく210,000円に統一し、個人再生は、315,000円に統一しますが、事案簡明な場合は210,000円にできます。

 

このような基準が示されていますので、クレサラでの債務整理の場合は、これらに定められた金額基本となります。

 

いずれにしても高額に思えるかもしれませんので、債務整理の費用はどうやって捻出するかを考えなければならないでしょう。

 

費用を工面する点で利用できる制度としては、弁護士会があります。

 

場所によって違いはありますが、無料の相談を受け付けているところがありますので、その様な機会を活用してみることができます。

 

また、弁護士事務所や法律事務所の中には、支払いを分割でも対応しているところがあります。

 

その様な事務所を探して、分割で支払うことによって工面する方法があります。

 

しかし、着手金0円で受けるという安い料金をうたっているケースもあります。

 

その場合は、良く注意して他の条件、たとえば債務残高ゼロの人が対象などの条件がそれぞれついていることがありますので、よく見て注意深くあることは必要です。