債務整理費用【ハードシップ免責とは】

ハードシップ免責とは

 

個人再生は単なる借金の棒引きではありませんから、再生計画が認可された後は、債務者は定められた金額を債権者に返済しなければなりません。

 

ただし、再生計画時には予期できなかったさまざまな理由で、返済を計画通りに履行できなくなるケースもないとはいえません。例えば、債務者が病気にかかったり、会社からリストラされて定期収入を失ったりすれば、再生計画通りの返済は困難になるでしょう。

 

このような場合でも、全額の4分の3をすでに返済していた場合には、残りの債務を免除してもらえることがあります。

 

 

これが、「ハードシップ免責」と呼ばれる制度です。全額の4分の3が返済済みであることというのがすでに高いハードルになっていますが、これに加えて、「免責決定が、債権者の一般の利益に反しないこと」という条件がつきます。

 

これは、自己破産した時の配当金よりも多くの金額をすでに支払っている、という意味です。

 

このように条件が厳しく、その割に得られるメリットは少ない(個人再生で圧縮した借金額の残り4分の1以下なら、返済にさほどの苦労は伴わないと思われます)ので、実際に利用している人はあまり多くはないようです。

 

基本的に、返済終了間際にどうしようもなくなった時にのみ利用する制度だといえるかも知れません。