債務整理費用【 任意売却しても今の家には住み続ける方法】

任意売却しても今の家には住み続ける方法

住宅ローンの支払いが厳しくなり返済の計画を立てることも不可能になった場合は任意売却、もしくは競売にて
不動産物件を売却し、ローンを精算する方法を取ることになります。

 

しかし、高齢者がいて引っ越すことが困難だったり自宅を店舗としても使用しているため、場所を離れることにより商売に影響をきたすなどの場合などはいくらローンを精算する為とは言え、売却することも難しい。

 

そういった場合、現在の家に住み続ける方法が2つあります。

 

1つはリースバック。

 

この方法は、任意売却を行っている専門会社や、不動産会社のパートナー企業などに、物件の買取を行ってもらいます。

 

第三者に物件を買い取ってもらい、抵当権は売却先に移動しますが買主と、賃貸契約を結ぶことにより毎月、賃貸料金を支払うことにより、住み続けることができます。

 

 

将来的に、買戻しをしたいという意思があるのなら売却時に、明確に意思を伝える必要があります。

 

また、賃貸契約を結ぶわけですから賃貸料金を支払える経済状態を証明することができなければリースバックのシステムは利用することができません。

 

もう一つは買戻しです。

 

この場合は、自分の親族や友人と売買契約を結び1度、住宅を買い取ってもらい、その後、経済状態が安定した時に再度、売買契約を結び、住宅を買い戻すことになります。

 

買戻しの場合は、かなりの高額取引となります。

 

また、物件について銀行ローンを適用できないこともありますのでかなり経済的に余裕のある親族がいらっしゃる方に限られる方法になるかと思います。