債務整理費用【任意売却をしない方法 】

まず、任意売却を防ぐための方法は無理なローンを組まないと言うことが大前提です。

 

現在30代だとしても、長期ローンを組むならば完済時には定年を迎える年になっています。

 

その間には、子供の進学や不意の出来事など現在予測できる出費、予測できない出費などが出てくることでしょう。

 

今は大丈夫だからと言って無理な月々の返済額や、ボーナス払いの過度な割合などが住宅ローンの支払いが困難になる原因です。

 

住宅ローンの場合は余裕ができれば、前倒しの返済が可能です。

 

住宅購入後余裕がある年は多目に返すことを考えてローンの契約は、なるべく賃貸住宅に+アルファくらいの月々の支払いに止めておくことが
いいでしょう。

 

 

ボーナス払いの考え方もボーナスで支払うのではなく毎月、ボーナス払いの為に少しずつ貯金をしてボーナス時に支払うという生活ならば、少し生活も楽になります。

 

計画性を持ったローンの組み方が任意売却を行わずにすむ最大の防御方法となります。

 

しかし、現在既に住宅ローンの滞納がある方それでも任意売却を行わずに、今の家に住み続けたい場合は一番簡単なのは、自分の身内などから、住宅ローンの残金を立て替えて支払ってもらうこと数百万の残金なら、なんとかなるかもしれません。

 

一千万前後になるとなかなか身内にも借り入れができない金額です。

 

そうなったら、任意整理の前に債務整理などの手段を弁護士や司法書士に相談し不動産売却の手段をとらずに債務を整理する方法を模索していくしかありません。