債務整理費用【サービサーとは】

サービサーとは

 

サービサーという言葉を知っているでしょうか。

 

 

最近耳にするようになったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

債権の管理や回収を専門に扱う業者を意味します。このサービサー業務は以前、債権者と弁護士だけに認められていました。

 

しかし、バブル崩壊とともに不良債権が増大したため、債権者と弁護士だけでは処理が困難になってきました。

 

そのため、1999年に施行された債権管理回収業に関する特別措置法(通称:サービサー法)によって、許可を受けた民間の債権回収業者が業務を行えることになりました。

サービサーの具体的な活動内容

 

サービサーの具体的な活動内容を紹介しておきます。

 

金融機関やノンバンクは大なり小なり、債権を抱えています。

 

この債権が正常債権であった場合、その正常債権の管理をサービサーに委託します。

 

金融機関やノンバンクは、弁済期限を待たずに正常債権を現金化する時機を短縮できるメリットが出てくるわけです。

 

この債権が不良債権であった場合も、その不良債権の回収をサービサーに売り渡します。

 

サービサーは債務者からの回収を専門的に行います。

 

サービサーは買い取った金額よりも1円でも多く、債務者から回収しようとします。

 

この差額がサービサーの利益となるわけです。サービサーに相談みて損することはないです。

 

許可を得た会社なので心配はありません。なるべく早く相談することをお勧めいたします。