債務整理費用 【後順位の担保債権者とは?】

後順位の担保債権者とは?

担保債権者はわかりやすく説明すると、借金をするときには、債務者が借りるお金に見合う土地、建物を抵当にして債権者から借り受けます。この場合、債権者は債務者の所有する土地、建物の担保債権者となります。または抵当権者とも呼ばれる立場となります。

 

担保債権者としての権利は、もしも貸したお金を債務者が支払えない状態になったときは、担保である土地、建物を担保債権者の自由にして良い、というものです。

 

 

銀行から住宅ローンを借りた場合は、担保債権者は銀行だけになりますが、中には複数の担保債権者を持つ例もあります。

 

銀行からの住宅ローンを支払いきれずに、別の金融機関からお金を借りますが、その際にも債務者の土地、建物を抵当にして、今回の金融機関も担保債権者となるのです。

 

ただし、この場合、銀行が先に担保債権者となっているので、次の金融機関は後順位の担保債権者となります。

 

同じ担保債権者であっても不動産登記をした順番で、大きな違いがあり、それは土地、建物を販売して、現金化して返済してもらう時、まず返済してもらえる権利を持つのが、先に担保債権者となった銀行です。

 

その次に後順位の担保債権者が返済してもらえるという順番が決まっていますので、この順位が後ろであるほど返済されるのが難しい立場といえます。