債務整理費用【任意売却で気をつけること】

任意売却で気をつけること

ローンが支払えなくて任意売却を検討する人は数多くいます。

 

もちろん任意売却によって債務が軽減されるというメリットはありますが、デメリットにも目を向けていなくてはなりません。

 

言い換えれば、デメリットこそが任意売却の時に気をつけることだとも言えるからです。
では、任意売却のデメリットにはどういうものがあるのでしょうか。

 

分かりやすいデメリットと言えば『ブラックリスト』です。

 

JICCやCICなどの情報を管理する機構に名前が挙がります。
こうなると基本的に新しい借り入れはできなくなります。

 

クレジットカードも使えなくなります。

 

すべてを給料の中だけでやりくりしなくてはなりません。

 

任意売却とは、「借りたお金を返せなくなった人の最終手段」だということを忘れないでください。

 

加えて、任意売却をしてもローンはなくならないかもしれないということも押さえておきましょう。
つまり、任意売却をしてもローンの残債よりも低い金額で売却されてしまった場合、不足分はあなたがローンとして支払い続けなければならないということです。

 

『自宅がなくなる=ローンがなくなる』わけではないので注意が必要です。

 

また、意外と知られていないメリットもあります。
任意売却は交渉人(主に専門業者)が債権者と直接交渉をすることができます。

 

そのため、売却額だけでなく、退去期日や引っ越し費用の工面方法など、かなりの面で話し合いの余地があります。
債務者であるあなたは引け目を感じるかもしれませんが、要望を出すことに躊躇してはなりません。

 

債権者にとって失礼に当たるかどうかは交渉人に判断してもらうと良いでしょう。
「〇〇しておけば良かった」と後悔することがないように慎重かつ大胆に行動していきましょう。