債務整理費用が安くて無料相談に乗ってくれる弁護士・司法書士一覧

任意整理とは

債務整理をする際の最低限の知識として、任意整理があります。

 

任意整理は、借金の総額や毎月の返済額を減額できるようにすることです。

 

利息制限法の上限額で、過去にさかのぼって、これまでに支払ってきた金額全体を計算して、原則金利をカットして元本を3から5年間の分割で返済することを債権者と交渉して和解をこぎつけることです。

 

しかし、あくまでも両者の和解が必要ですから、状況によっては、減額が難しいこともあります。

 

 

ですから、この任意整理の場合、免責になるわけではなく、引き続き減額された借金を返済していくことができる人で、継続して収入の見込みがある人が、取り組める方法です。

 

この方法のメリットは、裁判所通すことなく、弁護士に依頼しているのであれば、弁護士と債権者の間でのやり取りとなるので、交渉の点でも柔軟な対応をすることが可能です。

 

更に、裁判所を通さないことにより、裁判所に提出しなければならない書類を準備したり、出頭したりと言う必要がありません。

 

自己破産などの場合は、整理する借金を自分で選ぶことができませんが、任意整理の場合だと、選べますので、たとえば、連帯保証人に迷惑がかかる借金は払い続け、それ以外だけを整理することができます。

 

任意整理の場合は、元本の金額そのものを減額したり免責したりすることはできないので、自己破産のように全額免責と比較すると支払う金額が多いと言えます。

 

また、最悪の場合、和解が成立しないこともあります。