債務整理費用が安くて無料相談に乗ってくれる弁護士・司法書士一覧

債権者と交渉

債務整理は弁護士に相談すべきといえます。

 

なぜなら、その理由の一つとして債権者と交渉しないといけないことがあるからです。

 

借金を抱えてしまった相手が、身近な親しい人であれば、債務整理をする必要が生じることは少ないことでしょう。

 

その様な場合は、互いの話し合いで解決できることが多でしょうし、話し合いで解決するのが難しいような場合でも、法に訴えることは少ないことでしょう。

 

たとえそのような状況になっても、債務者が債権者に対面したり、意見を述べたりすることは、比較的にしやすいかもしれません。

 

 

しかし、債務整理が必要になるような借金の場合、債権者は借金に関してはプロともいえる人たちになります。

 

今までにも、様々な債務者と向かい合い経験と知識を積んできています。

 

また、債権者によっては、かなり激しい仕方で債務者に返済を迫ってくる可能性も十分にあります。

 

ましてや、相手が弁護士などの専門家を通してではなく、直接交渉しようとしているのであれば、なおさら強く、場合によっては法律ぎりぎりの方法や法の抜け目を利用した方法で、迫ってくることも考えられます。

 

そうなると、こちらがどんなに強くでようとしても向こうの思うままに物事が進んでしまうことがあります。

 

しかし、弁護士に依頼すると、弁護士は債務者の代理になったことを債権者に通知することによって、その後の交渉全てを債権者は、弁護士とすることになります。

 

法外の方法を取るような債権者であっても、相手が弁護士となると下手なことはできなくなり、対応が変わることは十分に考えられるからです。