債務整理費用が安くて無料相談に乗ってくれる弁護士・司法書士一覧

税金を滞納していても任意売却はできるのか

どちらも滞納してしまった場合、住宅ローンを優先して支払う人が多いでしょう。

 

確かに、住宅ローンの滞納に比べて税金の滞納は、督促も厳しくありません。

 

その為、督促が厳しいローンの支払いを優先するのも仕方がないことかもしれません。

 

 

ローンの支払いを優先して、ローンの滞納を解消できるのであれば税金の支払いは後回しにするのも一つの手段でしょう。

 

しかし、ローンの完済の目処が立たなくなった場合税金を滞納しておいたままにするのは危険です。

 

理由は、ローンの残額の精算の為任意売却の手続をとった時税金の滞納があるだけならいいですが滞納が重なり、不動産物件が差し押さえされてしまうと任意売却の障害となってしまいます。

 

民間企業の場合は、差し押さえをするのに裁判所への申し立てなど、時間を要しますが地方自治体が差し押さえをする時はとにかく迅速に行います。

 

督促がゆるいなあなんて思っていると最終通告が届き、その後はあっという間に差し押さえとなってしまうのです。

 

任意売却の場合は、この差し押さえの登記を解除する必要があります。

 

任意売却できない場合は、競売となり、売却益も少なくなるので債権者としての自治体も任意売却に応じる為、差し押さえ登記の解除をしてくれるところがほとんどですが

 

全ての地方自治体が同意する保証はありません。

 

 

実際に、自治体の同意が得られず、任意売却が不可能となり、競売となってしまう例は多いです。

 

このような、不利な状況にならない為にもローンの完済の目処が立たなくなった時にはまず優先して、現在滞納している、税金、国保などの滞納を解消することが大事です。